No Mapsについて


「No Maps」は、札幌・北海道という象徴的な開拓の地で、
クリエイティブな発想や技術によって次の社会を創ろうとする
“現代的フロンティアスピリット”を持った人たちのためのコンベンションです。

 
集った人々はもちろん、この地で暮らす人々のクリエイティビティを高め、
地図にまだ描かれていない、新たな領域を切りひらいていこうとするものです。


No Maps(ノーマップス)の名前の由来
アメリカのSF作家、ウィリアム・ギブスンを追った同名のドキュメンタリー映画にちなんで命名。
「地図なき領域を開拓する」という願いを込めている。
 

対象コンテンツ

事業区分


新しい提言やプレゼンテーション、いきいきとした意見交換を。

コンテンツ・技術・サービスが体感できるコミュニケーションの場を。

映画・音楽・デザイン・メディアなどクリエイティブな体験型イベント。

異業種・異世代が出会い、新たなビジネスやコラボを創出していく。

札幌・北海道を「可能性探求のまち」として社会実験の聖地に。

No Mapsが目指すコンベンションの姿

まちに、未来を、インストール。
5つの事業(Conference/Exhibition/Event/Meet-up/Experiment)のうち、No Mapsが特に重視している事業が「Experiment(実験)」です。
社会を変える可能性のある先端テクノロジーの社会実験・社会実装を、国内のどの地域・街よりも早く、札幌・北海道が受け入れられるよう、No Mapsが中心となって、官公庁を巻き込みながら積極的に検討します。
No Mapsは、札幌・北海道を
「社会実験・社会実装の聖地」にすることを目指します。

まちを巡る“新しき”を感じる道。
札幌駅前のビジネスゾーンからチカホを経由して、大通・狸小路にかけてのエンターテイメントゾーンへ。そして最後は、交流の場ともなるすすきのエリアに。
No Mapsは今年、短編映画祭会場のある狸小路5丁目エリアで、映画・音楽・ITなど多様なコンテンツを体感できる場づくりの実験を行います。
No Mapsが、札幌のまちに新しい気づきと出会いの導線を生み出します。
No Mapsは、まち全体を会場として、
“巡り、出会い、体感する”コンベンションを目指します。

常識を脱ぎ捨てよう。
No Mapsは、新しい価値と出会いを探す場所。
リラックスした空気の中で生まれる、自由でクリエイティブな発想を大切にしたいから。
No Mapsは今年から、ビジネスカンファレンスを含むすべての主催事業において「逆ドレスコード」を設定します。
あなたが最もリラックスできる服装で、ぜひ会場へ。
No Mapsのドレスコードは、「No Dress code」。
おおらかな空気あふれる、北海道らしいコンベンションに。

  • クリエイティブ産業の活性化と他産業への波及
  • 創業支援・新産業の創造・投資の促進
  • クリエイティブな市民文化の醸成
  • 札幌・北海道の国際的知名度・魅力の向上
  • 「世界屈指のイノベーティブなまちSAPPORO」の実現

No Maps 2018 開催概要

メイン会期 2018年10⽉10⽇(水)〜14⽇(⽇)(5⽇間)
◯Business Conference 2018  10/10(水)〜12(⾦)
◯チカホ ショーケース  10/10(水)〜14(日)
◯第13回札幌国際短編映画祭  10/11(⽊)〜14(日)
◯Music Weekend 2018    10/13(土)〜14(⽇)
メイン会場 札幌市内中心部を広域的に使用して開催
<メイン会期中の主要会場>
  • 札幌駅前地下歩⾏空間/10⽇(水)〜14 ⽇(⽇)
  • ACU-A/10日(水)~12日(金)
  • 札幌プラザ2・5 / 11⽇(木)〜14 ⽇(⽇)
  • 狸小路エリア/ 10⽇(水)〜14 ⽇(土)
主催 No Maps実行委員会

運営主体

No Maps実行委員会は、
産官学が連携した「ALL HOKKAIDO 体制」で運営しています。
member.jpg