Sapporo Neutral 2018

Event

Share :

このイベントは終了しました。
日時
2018年10⽉13⽇(⼟)
時間/会場によって開催時間が異なります
 開場:10:30 開演:11:00
 ●Sound Lab mole
 ●BESSIE HALL
 ●COLONY
 開場:10:50 開演:11:20
 ●KRAPS HALL
 ●SPIRITUAL LOUNGE
 ●Klub Counter Action
会場
BESSIE HALL
Zepp Sapporo
Sound lab mole
COLONY
KLUB COUNTER ACTION
KRAPS HALL
北海道、札幌を拠点に活動しているアーティスト及び出⾝のアーティストが出演する ライブサーキット形式のイベントです。地元にゆかりのある素晴らしい⾳楽があるこ とを多くの⽅に知って頂くと共に、ライブハウスへ⾜を踏み⼊れるきっかけになるよ うにイベントを構築していきます。

実施概要

⽇程/ 2018年10⽉13⽇(⼟)
時間/開場:10:30 開演:11:00 (Sound Lab mole, BESSIE HALL, COLONY)
   開場:10:50 開演:11:20 (KRAPS HALL, SPIRITUAL LOUNGE, Klub Counter Action) 
料⾦/前売 ¥2,000 当日 ¥3,000(各ドリンク代別途 ¥500)
※Sapporo Neutralのみ入場可。ROCK DIVERSITYは入場不可。高校生以下入場無料。
プレイガイド/Pコード:127-001、Lコード:11011、e+ 
チケット発売中

チケットとリストバンドの交換方法について

交換場所:KRAPS HALL(札幌市中央区南4条西6丁目5番地 タイムズステーション札幌1F)
交換時間:10月13日(土) 10:00 〜 21:30

※チケットとリストバンドを交換する際に、1ドリンク代¥500を別途頂戴します。
※各ライブハウスでのリストバンド交換は一切行っておりません。
※チケット交換の際は、参加者ご本人がお越しください。(その場でリストバンドをスタッフがつけますので、交換場所にいらっしゃらない方の分のチケット交換は出来かねます。ご了承ください。)
※リストバンドを紛失された場合の再発行は致しませんのでご注意下さい。

※Sapporo Neutral は、高校生以下入場無料です。リストバンドへの交換は必要ありませんので、ご希望の会場へ直接行って、係員に『学生証』を提示してご入場下さい。会場を移動して別会場に入場する際は、再度学生証をご提示下さい。高校生以下に限りドリンク代はかかりません。
※Sapporo Neutral のリストバンドでは、ROCK DIVERSITY、IDOL DIVERSITYはご覧できません。
 

タイムテーブル

出演アーティスト

アルクリコール

北欧的ニュアンスを持った美しきサウンドスケープに、オルタナティヴ色が濃いギターリフとエモーショナルな 歌声を持ち寄り、ギターロックに昇華。北海道出身バンドが脈々と受け継いできた、「美しさ」と「熱さ」の系譜を ハイブリッドに併せ持つ特異性を持つ。そのサウンドのみならず、Vo.早坂の歌声はJ-POPシーンへの飛翔までを予感させる普遍性を持ち、オーディエンス並びに関係者からの評価も高い。2018年、初の全国流通盤『Re:versal』リリース。Halo at 四畳半、Anger Jully The Sunとの道内ツアーを経て、さらに進化を続けている。

Anger Jully The Sun

2014年4月に結成された北海道・札幌市在住4人組ロックバンド。2016年、北海道テレビ放送主催「make a dream」、「夢チカLIVE」に立て続けに出演。北海道バンドシーンの中での存在感を確かなものとする。2017年、MASH A&R主催「MASH FIGHT」にてマンスリーアーティスト選出、並びにセミファイナルへ進出したことを口火として、大阪サーキットイベント「見放題」、「MINAMI WHEEL 2017」などに出演。全国的にも更にシーンでの存在感を増す。2018年、初の全国流通盤『Afterglow.』をリリース。Halo at 四畳半、アルクリコールとの道内ツアーを経て、さらに注目を集めている。

THE イナズマ戦隊

1997年、札幌にて結成された4人組ロックバンド。
鍛え上げられたサービス精神豊かな"ロックンロール魂"を武器に小さなライブハウスからビッグ・フェスまで、聴衆の「明日へのビタミン剤」となるライブパフォーマンスを披露し続けている。近年では関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Zなど著名アーティストへの楽曲提供や、巧みなトークを活かしたTV番組やCM 出演など、各方面で活躍中。2018年3月、20周年を迎えスタートした47都道府県ツアー、全58公演が結成の地、札幌にて無事ファイナルを迎えた。

岩ヰフミト

北海道恵庭市出身のシンガーソングライター「岩ヰフミト」。 Galileo Galileiのギタリストとしてキャリアをスタートさせ、脱退後FOLKSを結成。2018年ソロアーティストとして本格始動。作詞、作曲、レコーディングまで全て自身で行い、生まれ育った北海道の景色を音で表現することをテーマにして、唯一無二のサウンドをつくり出している。また元SKE48、現クリエイティブオフィスキュー所属の東李苑に楽曲提供するなどプロデューサーとしても注目を集めている。

OLD

札幌発の2人BAND「OLD」2000年結成、地元札幌を拠点に全国で活動。ヴォーカル品川の強烈な個性が光る文学的な詩の世界観と、メンバー個々の実力に支えられた圧倒的な広がりをみせるバンドサウンド。悲しみ、暗闇、虚空、負の世界を旅し、埋没した光を救い上げ、高らかに詩う。変わらずに変わり続ける、真に巨大な バンド。

CARTHIEFSCHOOL

札幌で活動中。オルタナティブグランジサイケデリック。
2016年結成、同年末より本格的に活動を開始。2017年9月に全国オーディション”RINGOOO A GO- GO”より、りんご音楽祭2017出演。精力的に活動を続ける。

-KARMA-

2016年4月結成。メンバー変更等もあり、当初からのメンバーVo&Gt 畑山悠月(はたやまゆづき) 2000/11/19 Ba&Cho 斎藤陸斗(さいとうりくと)17歳 2000/09/29と、2017年9月に加入Dr&Cho 金田竜也(かねだたつや)2000/07/19によりスリーピースバンド。

まだ公式WEBサイト無いので、Eggsのアーティストページを送ります。

ユーチューブへの動画も今後充実させる予定ですので、今はひとまず友人が撮影したライブ映像を送ります。荒くてすいません。

Kuro-obi No.1 Style

札幌在住の4人組バンド。ファンク・ディスコ系のサウンドを基調とした、自称「エセファンク」を奏で、エンターテイメント性あるステージは世代を問わず楽しめる。2014年より札幌を中心に活動中。

クロロフィルム

北海道札幌発 オルタナティブロックバンド。洗練されたハーモナイゼーションからは予測不可能な曲展開、感情が滲み出る圧倒的パフォーマンス。一人の伸びやかな旋律にはまた、もう一人の忘れられない歌声が重なる。眼で聴き耳で観る、全身で感じる音楽を届ける。

SiMoN

これまでに1枚のEP、10枚のフルアルバムをリリース。 日本(RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO 出演)、アメリカ(Culture Collide Festival 2013、2014出演)、韓国(Zandari Festa 2017 出演)、モンゴル(PLAYTIME 2018 出演) 、フランス、ベルギー、ドイツ、カナダ、中国、タイでリリースツアーを行う。

共演者は、Phoenix, Dinosaur Jr., Cloud Nothings, Clap Your Hands Say Yeah, Nina Persson(The Cardigans), Laetitia Sadier(Stereolab), The Raveonettes, Rhye, De Lux, Rob Crow(Pinback), サカナクション、sleepy.ab、D.W.ニコルズ、THE NOVEMBERS、きのこ帝国、The fin.など。

SULLIVAN’s FUN CLUB

2016年結成、札幌在住3ピースロックバンド。
音楽性としては90'sのオルタナ、パンク、パワーポップが基調。激しく、暑苦しく突き刺さるライブは観客の心を打つ。今、最もライブハウスで「体験」してもらいたいバンド。

さよならミオちゃん

2014年夏、札幌で結成。「全方位型エンターテイメント集団」と名乗り、米軍基地で米兵相手にライブを重ね、電流鉄骨渡り、自らの血液を賭けた麻雀など数多の死闘を乗り越え2017年現編成に至る。

The Cynical Store

シニカルでリリカルでドーピィでグルーヴィーなロックバンド。2016年8月始動。11月28日、自主制作盤”ep"をリリース。タワーレコード札幌ピヴォ店で1ヶ月に100枚を売り上げ、その後手売りを含める500枚をSOLD OUT。2017年ライジングサンロックフェスティバルの出演枠を獲得。9月にはthe fin,Paellasとの共演も果たし、2018年1月24日フルアルバム”COMMON MAGIC"リリース。関西、関東ツアーやサーキットイベント、夏にはJOIN ALIVE2018に出演。新作のレコーディングに忙しい日々を送っている。

住岡梨奈

北海道出身。1990年生まれ。2012年6月にシングル「feel you」でデビュー。翌年7月より、海辺のシェアハウスで共同生活を送る様子を放送する人気テレビ番組「テラスハウス」に出演。2017年8月にオリジナル曲とカバー曲のダブルミニアルバム『colors』をリリースし、住岡梨奈 弾き語りtour 2017「二十色~twenty colors~」を全国20カ所で開催。2018年6月から新しいライブ企画「Sumioka PLUS+」(スミオカプラス)がスタート。9月には「Sumioka PLUS+」での全国ツアーを開催する。また、劇中歌の制作を担当し、役者としても出演する映画『あまのがわ』の公開も決定している。

スモゥルフィッシュ

札幌市内 または近郊を限定とし、かなり局地的に活動する大人の3ピースバンド。艶のあるアコースティックサウンドは古き良き時代のフォーク・ロック、カントリー・ロッ ク等を彷彿とさせる。決して若くなく、またビジュアルも良いとは言えない3人は若きバンドマンにありがちな「キャ ーキャー言われたい」という願望を早々にあきらめ、聴く人・関わる人が少しでも幸せにな るよう、練習・制作・演奏に明け暮れる。 2017 年~2018 年にかけて、3 枚のミニアルバムを連続リリース予定。 2018年9月2日にはその第3弾となる「40」がリリースされる。

Selfarm

2011年3月にVo.モッサン、Gt.シンカー、Ba.ナリカズ、Dr.マイキーで活動開始。
2017年10月にSKY−HIソロツアー「SKY-HI Round A Ground 2017」に対バン出演。さらに同月エゾバルバンバンのテーマソング「BANG BANG 〜エゾバルGO〜」を作曲。同年11月に、初の全国流通盤 2nd mini album「JOULE」をリリース。
2018年2月に「夢チカLIVEvol.127」に出演。7月には、ノースサファリサッポロのTVCMにSelfarmの楽曲「Be Free」を書き下ろし、起用される。

sooogood!

12月9日生まれ。ボーカル/ギター/トークボックス/プログラミング/作詞/作曲/アレンジなどを全てこなす” FUTURE シンガーソングライター” として2017 年4月活動スタート。
同年7/5 Digital Debut Single「diamond / 低血圧girl」リリース。7/27 初の自主企画「sooogood! Presents “diamonds”」(Guest:LUCKY TAPES / 向井太一)、9 月には初の東名阪ツアー「sooogood! TOUR 2017 “Aura”」(Guest:印象派 / GOMESS) 開催。10/11 Digital Single「天」リリース。
2018 年6/13「Thunder Baby」を皮切りに7/11「atlantis feat. GOMESS」8/8「マハ × ラジャ feat. アリスムカイデ」と3 ヵ月連続Digital Single リリース。10/10 待望の1st Album『sooogood!』リリース決定。
ほかに、菅田将暉の音楽活動全般 (LIVE/ レコーディング /MV) のサポー ト・ギタリスト、桐谷健太の楽曲「何か」のアレンジ / ギター演奏 / プログラミング担当、声優 入野自由、竹達彩奈への楽曲提供 ( 作詞 / 作曲 / ギター演奏 )LIVE サポート・ギタリストなど、マルチに活躍中。

Drop's

中野ミホ(Vocal & Guitar)、荒谷朋美(Guitar)、小田満美子(Bass)、石川ミナ子(Drums)
2009年、北海道・札幌の同じ高校で偶然出会った、中野ミホ、荒谷朋美、小田満美子らで結成2011年、当時高校3年生の7月に1stミニアルバム『Drop’s』でデビュー。これまでに4枚のオリジナルアルバムとLIVEアルバム1枚、2枚のミニアルバムを発表。2017年には活動拠点を東京に移し、新ドラマ―石川ミナ子が加入。2018年JR東日本CM楽曲「冬のごほうび〜恋もごほうび」を配信限定リリース。キーボードの石橋わか乃の脱退により、4人編成として再出発。現在新作の音源制作中。

DOUBLE SIZE BEDROOM

女満別でのスト2対戦では全然全勝。豪指のタダノと恐れられたガイル使いの但野正和。清田区界隈のゲーセンに小3から通い、鉄拳では多くの猛者どもを地獄に叩き落としてきたポール使いのテス山本。そして、ポケットモンスター赤では惜しくもコンプリートに一歩及ばず悔し涙をした田村優人。
その3人が札幌市すすきののゲーセンで出会った。最新の格闘ゲームで栄冠を手にするのは果たして。

TRiFOLiUM

2015年7月に結成された北海道札幌市在住3人組ギターロックバンド。Gt.Vo.タクマの高い歌唱力と繊細な歌詞を武器に全国で勢力的に活動中。2016年2月にはレコ発企画「シロツメの花 vol.1」が行われ、同日ライブハウス限定1st Single 「シロツメの花.ep」発売されるも、即日200枚完売。以降増刷を重ね、10月の初ツアーにて「シロツメの花.ep」900枚を売り上げ、廃盤となる。以降何度かのメンバー脱退、加入を経て現体制となる。2017年7月、ライブハウス限定2nd Single「anemone.」を発売。同年11月、完売。

TRACHEMIST

2017年9月地元札幌にて始動。翌月10月より東名阪ツアーも行い、全国を視野に入れ勢力的に活動中。 Vo.MAT2のフラットなコミュニケーション能力を駆使し、オーディエンスと同じ目線に立って放たれる言葉や音を大切にするスタイルを確立している。 ファンタスティックなモチベーションをキープするGt.TAKUMAや、余裕の表情でテクニカルなギターを唸らすGt.Masa圧倒的イケメンパワーDr.Enchan 捻りのある彼らの楽曲はジャンルに囚われず、常にブレない格好良さをオーディエンスに与え続ける新種の新世代ミクスチャーロックバンドである。

beat sunset × なかにしりく

2006年、札幌で結成されたスカバンド。松竹谷 清、PAPA B、Carroll Thompson、Keith & Texなどのレゲエアーティストのバックバンドを務めたほか、ジャズフェスへの出演など幅広いフィールドで活動する。2013年8月には1stフルアルバム【one】をリリースし、MUSIC MAGAZINE「ベストアルバム2013」ジャパニーズレゲエ部門ベスト5に選出される。その後、アルバム1枚と7インチシングル4枚をリリース。2014年8月に東京スカパラダイスオーケストラ主催のイベント『トーキョースカジャンボリー』のオープニングアクトを務めたほか、
2015年には“RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO”にRISING★STARとして出演するなど、その注目度は日に日に増している。去年のSapporo Neutralに引き続き、今年もなかにしりくとのスペシャルセッションで出演。

BUGY CRAXONE

1997年5月 札幌にて結成。2007年から怒髪天増子直純主宰レーベル「Northern Blossom Records」に所属。バンド結成20周年となった2017年、テイチクインペリアルレコードより新曲2曲を加えたベストアルバム『ミラクル』、オリジナルアルバム『ぼくたち わたしたち』をリリース。11月19日(日)渋谷CLUB QUATTROで開催した20周年記念ワンマン ""100パーセント ナイス!""も成功させる。そして2018年10月17日にはオリジナルアルバム『ふぁいとSONGS』の発売が決定。“日本でがんばるみんなに捧げる!”全10曲のふぁいとSONGが収録されている。
<北の花盛りは、遅い。しかし、必ず花は咲く!>をモットーに、毎年実施するリリースツアー、自主企画イベント「COUNTERBLOW」、イベント出演(北海道ゆかりの某放送局イベントは最多出!)等、まじめに地道に活動中。

Freaky Styley

2016年1月1日結成。結成間も無くから数多くのツアーバンドと共演を果たし、セルフプロデュースとしては驚異的なスピードでCDの発売、MVの公開などの活動を行っている。また、2017年6月に行われた「SOUND AIR2017」では見事グランプリを獲得し、JOINALIVE2017のO.Aを勝ち取る。

同年の10月にはSKY-HI (AAA 日高 光啓)とも共演を果たす。2018年2月24日から、札幌の情熱的ミクスチャーバンド、HANABOBIと北海道内を巡るスプリットツアーを開始。4月6日に、札幌のライブハウスcolonyで行われたツーマンライブは見事ソールドアウト。大盛況のうちに終える。

多彩な音楽性と、圧倒的且つ感情的なライブが各地方で話題沸騰中。今、もっとも北海道で目が離せないライブバンド、それが「Freaky Styley」である。

プリメケロン

2010年結成。北海道札幌を中心に精力的に活動中。力強いドラムと縦横無尽に動くベース、さらには彩り鮮やかなキーボードで、ポップスという枠を超え、独自の視線でとらえた世界をカラフルな楽曲に乗せエモーショナルに表現する。なんとも独特で民謡の雰囲気も感じるような厚みとこぶしのある歌いまわしが耳に残り続ける。2015年、JOIN ALIVE 2015のオープニングアクトとして出演。2016年、島村楽器主催HOTLINE2016 JAPAN FINALにてグランプリを受賞。2017年、自身初の全国流通盤ミニアルバム「アイソーマイビー」をリリース。

PLAYLIST

2015年春に札幌にて結成。
メロディックパンクを基盤に、ラップ、ラウド、スカ、レゲエ、歌ものなどを織り交ぜたミクスチャーロックバンド。
若手ながらも熱いライブパフォーマンスを武器に精力的に活動中。
2018年3月 UHB「みんなのテレビ」のエンディングテーマに「サクラシンドローム」が起用される。
同年3月ファーストミニアルバム、「Naive kids' songs」をリリース。
それに伴い、道内外リリースツアー、ワンマンライブを決行。
ツアーファイナルのワンマンライブでは札幌COLONYをSOULDOUTさせる。

The Floor

北海道札幌市在住4ピースロックバンド。
海外ロックの系譜を持った世界水準のサウンドと、抒情的かつ温かな歌声は絶妙なバランスで共存。
無邪気に「音」と遊ぶバランス感覚は、フェスシーンからJ-POPシーンまでを横断する、
新たなギターロックのスタンダードを北の地から鳴らす。

初めての全流通盤の1st mini album「ライトアップ」を2016年5月にリリースし、
いきなりタワレコメンに選出され、その勢いのままRISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO へRISING STARとして抜擢され出演。
2017年に入っても第9回CDショップ大賞2017北海道ブロック賞選出など、
急速に注目を集めるニューカマー。
2018年10月10日 メジャー1st Single 「革命を鳴らせ」リリース

マイアミパーティ

北海道・札幌を拠点に道内・道外にて活動中の4人組ロックバンド、マイアミパーティ。アンダーグラウンド育ちの楽器隊が織りなす力強い音色・響き、そしてボーカルさくらいたかよしの歌声と1つ1つの言葉によって生み出される、時に激しく、時に儚く、涙がこぼれ落ちそうなほど優しいリアル。出演するどのライブにも、彼らがいることで必ずストーリーが生まれる。

Mr.Nuts

札幌在住の21歳3ピース日本語ロックバンド。
地元札幌ではCD SHOPで売り切れ店が続出するなど話題沸騰中!!ラジオチャートでも急上昇。誰でも共感できる日本語の歌詞と21歳ならではの勢いのある演奏がマッチして涙腺崩壊者続出中です。今最も歌詞が心に刺さるバンド。

YOU SAID SOMETHING

北海道苫小牧市出身。男女混合インディーロックバンド。「へたくそでキラキラした音楽をやろう!」を合言葉に2011 年結成。メンバーチェンジを経て2017年に現在の編成となる。同年12月に新編成第一弾となる音源「よろこびのうた」を配信/フィジカルでリリース。LIKE A FOOL RECORDS(東京)、FLAKE RECORDS(大阪)、HOLIDAY!RECORDSなどで発売し完売となる。(現在はデジタル、web shopのみで発売)

2018年5月、Thistime Recordsよりリリースされた2枚組コンピレーションアルバム「GUITAR POP FESTA」にtotos、ナードマグネット、Lucie,Tooなどと共に参加。7月には渋谷O-NESTで開催されたリリースパーティーに出演。過去には2枚のアルバムを全国リリースしている。北海道を拠点に活動中。