Mobike 札幌市からスタート。実証実験のビッグデータの活用をNo Mapsで発表

日時
2017年8月22日(火) 開場 13:00 〜

会場

札幌市北3条広場〔アカプラ〕

Mobike 札幌市からスタート。実証実験のビッグデータの活用をNo Mapsで発表

独自のIoT自転車によるシェアバイクを展開するMobike(モバイク)は、8月22日、札幌市の中心部にある「札幌市北3条広場〔アカプラ〕」にて、日本ではじめてとなるローンチイベントを開催いたします。

Mobike(モバイク)は、事業開始15カ月で導入都市が150都市を超えており、中国、シンガポール、イギリス、イタリアにつづき世界5カ国目として日本でサービスを開始します。国内ではモバイク・ジャパン株式会社が運営します。

No Maps Future Labを通した実証実験、社会実装プロジェクト
モバイクと実証実験のビッグデータの活用をNo Mapsで発表
モバイクとビッグデータ活用に向けた産官学を調整

 No Maps(10月5日~開催/主催:No Maps実行委員会)は、「新しい価値・文化・社会の姿」を提案する技術やサービスの社会的な実証実験の場を提供をめざす『No Maps Future Lab』として札幌・北海道を“実証実験・社会実装の聖地”とすべくうまれ、産官学連携した連絡調整会議をもうけています。これにより、さまざまな実証実験・社会実装の要望にどこよりも早く答えられる地域を目指していきます。

このNo Maps Future Lab(連絡調整会議)を通しモバイク・ジャパン株式会社(以下 モバイク)と北海道内の民間企業の調整や、行政機関との会議を調整してきました。モバイクはGPSやデータ通信を持つICT自転車として世界で500万台以上、1日2,500万回以上利用されています。モバイクがの開始する実証実験エリアのデータなどを調達しモバイク、札幌市、一般財団法人さっぽろ産業振興財団と調整し「札幌市ICT活用プラットフォーム」へ提供する準備を進めています。

<モバイクのメッセージ>

地域に根ざし、日本各地に合わせたローカライズをすすめていきます。

2017年6月に日本支社となるモバイク・ジャパン株式会社を設立。各地の行政、民間事業者と協議を行いながら準備を進めてきました。

今回ローンチとなる札幌市では、ドラッグストア事業を行う「株式会社サッポロドラッグストアー」、コンビニエンスストアチェーンのセイコーマートを運営する「株式会社セコマ」、白い恋人などを製造する菓子メーカー「石屋製菓株式会社」、ビル・不動産管理の「株式会社藤井ビル」など地域に根ざした企業の協力のもとに、モバイク駐輪スペースを設置します。さらにさまざまな企業とパートナーシップを組み、より利用者にとって使いやすいサービスを目指していきます。

また、札幌市、一般財団法人さっぽろ産業振興財団、No Maps実行委員会と連携しモバイクから生まれるビッグデータを「札幌市ICT活用プラットフォーム」へ提供する協議を進めています。

 日本国内でのモバイクの基本的な利用について:

Mobikeアプリを通して近隣のMobikeを探し、目的地の近くのモバイク駐輪スペースで自由に降りることを実現するサービスです。Mobikeは正しい利用を啓蒙、発信をしていきます。

<ローンチ・イベント>

日時 8月22日(火)
会場 札幌市北3条広場〔アカプラ〕 /  ニューオータニイン札幌(フォーラムを開催)
イベント内容 ・体験会について:13時~(予定) 一般体験会(無料)

アカプラ会場内での一般のアプリ施錠体験、Mobikeの走行体験や写真撮影が行えます。

ビジネスフォーラム:13時30分~15時30分 / ニューオータニイン札幌

シェアリングエコノミーの今を読み解きながらモバイクが世界で変えて来たことを解説

・ローンチ・イベント: 16時~17時 (招待制)

パートナー、ゲスト、メディアへの説明※と テープカットを予定しています。

体験会  無料で体験いただけます。
ビジネスフォーラム  シェアリングエコノミーによる地域ビジネスの活性フォーラム

<参加費無料>

こちらのページをご参照ください

  • メディア様向け事前体験を用意しております。お気軽にお問い合わせください。
  •  イベント内でスタートする詳細エリア、利用価格やビジネスモデルなどについて説明を行います。


■お問い合わせ先

セミナーに関するお問い合わせ:

 No Maps実行委員会事務局 011-812-2000 / 080-3296-3233 (佐藤)