連携事業

公開ワークショップ

「災害とIT」減災のための情報発信とは?

第4回 札幌オープンイノベーション勉強会

Share :

このイベントは終了しました。
日時
2019年2月16日(土)14:30〜19:30
@NHK札幌放送局
会場
NHK札幌放送局
北海道胆振東部地震からはや4ヶ月。様々な災害を経て、日本国内において有事の情報のあり方は少しずつ変化をしています。 本イベントでは、有事の情報の取扱と媒体(メディア)の在り方について、広く募った参加者の方と議論をすることで、日頃から有事への準備を整えることを目的とし開催を致します。

開催概要

日時 2019年2月16日(土) 14:30〜19:30
会場 NHK札幌放送局
参加 無料(定員あり)
主催 札幌オープンイノベーション勉強会
協力 No Maps実行委員会
運営 NHK札幌放送局
企画協力 3rdPLACE(伴野智樹)

【お申込み】
勉強会にご参加のお申込みは、こちらのリンク(connpass) よりお願い致します。
※お申込みの際、connpass へのログイン・会員登録が必要となります。

当日のコンテンツ

■基調講演:災害とIT(仮)  江口 清貴氏(LINE株式会社 執行役員 公共政策・CSR担当)


■登壇者プロフィール
2005年、オンラインゲーム企業のCFOとして、株式公開や経営管理に従事する傍ら、ゲーム業界団体によるガイドライン制定を担当し、不正行為対応や適正な競争環境を整備するなど業界の諸問題対策に従事。2012年、NHN Japan(現LINE株式会社)に入社、2013年12月よりCSR活動などを推進する政策企画室(現公共政策室)室長となり、2018年4月に執行役員に就任。現職。
 

■講演:報告 「NHK×ツイッター×災害」大停電がもたらした意識改革(仮)
瀬田 宙大氏(NHK札幌局 アナウンス)/  向井 徹氏(NHK札幌局 デジタルコンテンツ)
 

■パネルディスカッション:「シビックテックコミュニティと災害対応:何がどこまでできるか?(仮)」
​​​​​​瀬戸 寿一氏(東京大学空間情報科学研究センター 特任講師)
古川 泰人氏(Code for Sapporo / MIERUNE Inc.)
山形 巧哉氏(北海道森町 / ハウモリ / 総務省地域情報化アドバイザー)
 

■アンカンファレンス:参加者同士の対話
アンカンファレンスは対話による創発を目指します。「減災のための情報発信」について、参加者同士で自由にテーマを決めて、議論をし、全体に共有します。これから始めたいこと・協働したいことや、いろいろな人と話してみたい悩みやテーマを、ここに集うパワフルな参加者へ投げかけてください。 
この機会に様々な立場の人が出会うことで出会うことで、次の災害で役立つミートアップにしたいと思います。
 

■こんな人に来てほしい!!
  • テーマにピンときた方
  • 札幌版オープンイノベーションを一緒に作っていきたい方
  • アイデアソンや共創、ハッカソン等のワークショップに興味がある方
  • ITクリエイター(エンジニア・デザイナー)の方
  • メディアの未来に興味がある方
  • NHKと一緒に何ができるか、という事に興味がある方

タイムスケジュール

Time Contents
14:00 開場
14:30 開始・オープニング
14:45 基調講演:「災害とIT」
15:30 休憩
15:45 講演:NHKの取り組み
16:30 パネルディスカッション:シビックテックと災害
17:30 休憩
17:45 アンカンァレンス&懇親会
19:30 終了

■当日の注意
  • connpassの6桁の受付番号を準備下さい。
  • イベントの様子を記事として公開するために撮影が入ります。
  • 内容は変更になる場合があります。
以上につき、あらかじめご了承下さい。
関連

Conference

カンファレンス