NoMaps Conference 2020

Citizen Riiiver presents コーポレートベンチャリングサミット

〜組織の中からグローバルに広がるプロダクトを生み出すには〜

Share :

このイベントは終了しました。
日時
2020年10月16日(金)
17:00~18:50
会場
チャンネルA
新規事業のトップランナーたちが徹底議論!
コーポレートベンチャリングサミット
組織の中からグローバルに広がるプロダクトを生み出すには

日本の大企業の中で、イノベーションの創出の重要性が叫ばれて久しい中、いかに既存事業とのバランスを取りながら世界に通用するプロダクトやサービスを生み出していくか。新規事業のトップランナーたちが徹底議論します!
    

開催概要

日 程 2020年10月16日(金)17:00~18:50
配 信 NoMaps YouTubeチャンネル【チャンネルA】
チケット リアルタイム視聴:無料(事前登録推奨)
詳細・お申し込みはこちら(Peatix)

主催:シチズン時計株式会社
共催:NoMaps実行委員会
     

登壇者

大石 正樹
シチズン時計株式会社 営業統括本部 オープンイノベーション推進室 室長

シチズンファインテックミヨタ株式会社(現シチズンファインデバイス株式会社)に入社し、小型液晶モジュールの開発エンジニアとしてのキャリアを得て、技術営業及び企画営業部門の責任者として海外市場開拓を牽引。2018年よりシチズン時計株式会社へ転籍し現職。
松王 大輔
シチズン時計株式会社 時計開発本部 時計開発部 コネクテッド開発課

入社後、世界初のBluetooth時計「i:Virtの開発」に携わってから、主にコネクテッドウォッチ関連の開発に従事。時計のUXの可能性を広げるため、時計向けのBLEプロファイルの策定を検討し、Bluetooth SIGのPUID WGに参加。その後スマホでBLEが正式採用されると、BLEに対応する腕時計およびアプリの開発に続けた。次の時代の時計を考える過程でRiiiverの構想にたどり着き、プラットフォームとしての開発を開始。オープンプラットフォームの在り方を現在も追求中。
榊 良祐
電通/OPEN MEALS/Future Vision Studio

2004年Art Directorとして電通入社。広告領域に囚われない縦横無尽なクリエーティブ活動を続け、2015年に食データ化転送プロジェクト「OPEN MEALS」を立ち上げた頃からキャリアが狂い始める。現在は、社外4社と未来具現化専門チーム「Future Vision Studio」を自らが発起人となり創設し。情熱を燃やす。
深田 昌則
パナソニック株式会社 アプライアンス社 Game Changer Catapult 代表

パナソニック入社後、米国およびカナダ赴任を経てAV機器国際営業・宣伝責任者を担当、LUMIX等の全世界市場導入を実施。ハリウッド映画連携等による全世界販促を実施。その後、五輪事業実務責任者としてIOCや各五輪大会組織委員会と契約交渉や事業活動を担当。2010年よりカナダにて市販部門責任者。2015年よりアプライアンス社海外マーケティング本部新規事業開発室長、2016年に新規事業創出を目的とした社内アクセラレーター「ゲームチェンジャー・カタパルト」を創設し現職。2018年、米VCスクラムベンチャーズ、株式会社INCJと合弁で事業開発支援会社「株式会社BeeEdge」を設立、取締役を兼務。現在、傘下に事業会社3社設立。神戸大学大学院経営学研究科卒(MBA)。
河原 あず
Potage代表 コミュニティ・アクセラレーター

富士通を経て、2008年からニフティが運営する(当時)イベントハウス型飲食店「東京カルチャーカルチャー」のイベントコーディネーター就任。年間200本以上のイベント運営に携わる。2013~2016年、サンフランシスコに駐在し新規事業開発に従事しながら様々な現地企業とコラボレーションを重ねる。帰国後、伊藤園、コクヨ、オムロンヘルスケア、サントリー、東急などと数多くのコミュニティイベントをプロデュース。2020年春に独立し、ギルド制のチーム「Potage」を立ち上げ、コミュニティ・アクセラレーターとしてイベント企画、企業のコミュニケーションデザイン、人材育成などを手掛ける。著書に「ファンを育み事業を成長させる「コミュニティ」づくりの教科書」(藤田祐司と共著/ダイヤモンド社/2020年)
https://www.amazon.co.jp/dp/4478110549

ご視聴にあたっての連絡事項

  • 配信時刻は場合により多少前後する場合がございます
  • 配信内容の録画や再配信などの行為は禁止といたします
  • YouTubeチャット欄へのコメント・Twitterでの実況  歓迎!
関連

Conference

カンファレンス