NoMaps Conference 2020

市民生活とテクノロジーの調和

Share :

このイベントは終了しました。
日時
2020年10月14日(水)
13:00-13:50
会場
チャンネルA
台湾デジタル大臣オードリー・タン氏が登壇決定!
デジタル技術を駆使したCOVID-19対策「マスクマップ」などで世界の注目を集めた台湾のオードリー・タンデジタル大臣。
その活動の礎には、
●テクノロジーをいかに市民の生活に優しく取り入れていくのか
●『シビックテック(市民によるテクノロジーを活用した能動的な課題解決)』の思想
●インターネットへのリテラシー教育
が深く関わっています。

トークセッションでは、これからの市民と技術が寄り添うソーシャルイノベーションをテーマに、オードリー・タン氏に加え、地域課題を積極的に解決しようとシビックテックを実践するCode for Sapporo/Code for Japanの古川 泰人氏、北海道石狩市のデータセンターをはじめ大規模な設備を活用しクラウドなどのインターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社 代表取締役社長 田中 邦裕氏が登壇します。
 

開催概要

日 程 2020年10月14日(水)13:00~13:50
配 信 NoMaps YouTubeチャンネル【チャンネルA】
チケット リアルタイム視聴:無料(事前登録推奨)
詳細・登録はこちら(Peatix)
  
  • 事前に収録し、字幕・編集を入れた状態での配信となります。
  • 本セッションは配信後、台湾のポリシー(Radical Transparency)に基づきアーカイブを無料公開します。
  
 

登壇者

オードリー・タン
台湾デジタル大臣

ソーシャルイノベーションを担当する台湾デジタル大臣。プログラミング言語であるPerlとHaskellを人気再燃させたことや、ダン・ブルックリン氏と共同でオンライン表計算システムEtherCalcを開発したことでも知られている。 台湾の行政府など(パブリックセクター)では、台湾国家発展評議会のオープンデータ委員会とK-12カリキュラム委員会の委員を務め、台湾初のe-Rulemakingプロジェクトを主導。 また、民間企業など(プライベートセクター)では、Apple社の計算言語学顧問、オックスフォード大学出版局ではクラウド型辞典編纂学顧問、Socialtext社ではソーシャルインタラクションデザイン顧問を務めた。 ソーシャルセクターにおいては、「政府をフォークする」という呼びかけのもと、市民参加型の社会を目指し様々なツールを作成するコミュニティ「gOv(ガブゼロ)」の活動に積極的に貢献した。
田中 邦裕
さくらインターネット株式会社 代表取締役社長

1996年に国立舞鶴工業高等専門学校在学中に18歳で学生起業し、2005年に東証マザーズ上場、2015年に東証一部上場。一ヶ月の休暇を取ったり、那覇に居を構えてリモートワークをしたり、社外取締役等のパラレルキャリアを拡大するなど、自らも新しい働き方を実践している。起業経験やエンジニアというバックグラウンドを生かし、スタートアップ企業のメンターや、IPA未踏PMとして学生エンジニアの指導等にもあたる。2011年、北海道石狩市に「石狩データセンター」を開設。
古川 泰人
Code for Sapporo / Code for Japan

地図情報技術者。民間企業を経て北海道大学CoSTEPで科学技術コミュニケーションなどを学んだのち、北海道大学などの研究員として勤務。その後2016年に位置情報のコンサルティングやシステム開発を行うMIERUNEを創業。また、Code for Sapporoのコアメンバーとして、「さっぽろ保育園マップ」や「ひぐまっぷ」などのコーディネートに関わり、Code for Japanでもシビックテックやオープンデータに関する活動を行っている。最近ではJUST道ITグループの一員として「北海道新型コロナウイルスまとめサイト」の開発・運用に携わっている。このほかにも2019年から総務省地域情報化アドバイザーを拝命し、オープンデータ、シビックテック、オープンサイエンスなどに関する講演や研修などを行ってきた。

ご視聴にあたっての連絡事項

  • 配信時刻は場合により多少前後する場合がございます
  • 配信内容の録画や再配信などの行為は禁止といたします
  • YouTubeチャット欄へのコメント・Twitterでの実況  歓迎!
関連

Conference

カンファレンス