Deep Dialog from NoMaps Business Conference

都市から地方への”働き方シフト”のデザイン Part2

Share :

このイベントは終了しました。
日時
2020年11月16日(月)
19:00〜20:00
会場
オンライン
これからの未来を切り開く、大好評ウェビナーシリーズDeep Dialog第5弾開催!

テーマ:都市から地方への”働き方シフト”のデザイン

10月14日から18日まで行われた「NoMaps Conference 2020」では40以上のセッションの中で様々なテーマについて語られましたが、その中でも複数のセッションに渡って意見交換されたのが「これからの働き方」についてでした。その内容は、

・テレワークが浸透していく中で、オフィスの役割はどうあるべきか、働く空間はどのように変わっていくかについて議論した『いま必要な「働くための空間」を考える』
・顔を合わせないリモート環境下でのチームマネジメントのスキルについて語られた『リモートワーク時代のディレクター・リーダーの仕事術』
・ウィズコロナの先にある「住む」「働く」「暮らす」のニューノーマルに向き合うセッション『好きな場所で働き、好きな場所で暮らすという生き方』

そして今回のDeep Dialogのテーマでもある『都市から地方への”働き方シフト”のデザイン』の4セッションでした。
『都市から地方への”働き方シフト”のデザイン』では、コロナ禍の影響によりテレワークなど場所を選ばない働き方が浸透した先にある「働き方シフト」とはについて語られました。

今回のDeep Dialogはその延長戦!
ゲストは「北海道移住ドラフト会議」や「札幌移住計画」の代表としても知られる株式会社大人の五十嵐慎一郎さん、そしてNoMaps Conferenceで「働き方セッション」のコーディネートを務めていたNoMaps事務局長の廣瀬岳志と、普段はモデレート役のクリプトン・フューチャー・メディア株式会社ローカルチームマネージャーの服部亮太、さらにNoMaps広報担当の山岸奈津子を交え、北海道から今後の取り組みについて共に考えます。

Deep Dialogとは

新型コロナウイルスの影響が広がる中、人々の生活を取り巻く環境が大きく変化しました。世界は「NoMaps」と言える時代に突入し、今も新しい課題が生まれつづけています。NoMapsはこうした状況を受け、毎年好評を博しているBusiness Conferenceチームによる新シリーズ「Deep Dialog」をスタートしました。 「Deep Dialog」は新しい日常「ニューノーマル」の中でその有り方が問われる様々なテーマを元に対話を試み、考えを深め、今後の行動のきっかけとなる創造的なコミュニケーションの場です。トークはオンラインで広く公開。SNSや各メディアと密接に連携し、幅広く展開します。
 

開催概要

日 時 2020年11月16日(月)19:00〜20:00
開催形式 オンライン(配信場所はNoMaps Facebookページなどを予定)
参加費 無料
申込方法 NoMaps Facebook イベントページより【参加予定】をご選択ください。

出演者

五十嵐 慎一郎
NoMaps実行委員会委員 / 北海道移住ドラフト会議代表
株式会社大人代表取締役

1983年北海道小樽市生まれ。札幌南高校卒業後上京。紆余曲折を経て、東京大学建築学科卒。不動産のベンチャー会社に入社。2016年「北海道から、世界をちょっぴり面白くクリエイティブに」と、株式会社大人を設立。店舗や施設のプロデュース/デザイン業務にはじまり、イベントの企画運営、WEB制作を行う。現在、北海道に特化したウェディングブランドLANDRESSを展開しながら、札幌にて2019年コワーキングバー「大人座」、2020年には北海道新聞社とともにコワーキングスペース「SAPPORO Incubation hub DRIVE」をスタートさせる。また、サッポロビール社と「ほっとけないどう」という北海道の挑戦者を応援するコミュニティ&メディア企画もスタート。「北海道移住ドラフト会議」や「札幌移住計画」の代表として、北海道に人を呼び込む動きも強化中。NoMaps実行委員。玉置浩二好き。

 
廣瀬 岳志
NoMaps事務局長

北広島市出身。大学卒業後、民間企業を経て、民間シンクタンクに入社。以降10年に渡り、道内自治体の政策立案や地域活性化事業の運営等に従事。その後、現場により近いまちづくり系の会社に籍を移して、地域活性化や地域人材育成事業の企画・運営などに携わる。
2016年 ”NoMaps”の前身の一つである札幌国際短編映画祭関連の調査業務に携わったことを契機に、NoMapsに立上げから参画し、産官学の多様な主体が関わる事業の調整役を担う。2017年4月より現職。
服部 亮太
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 ローカルチーム マネージャー
NoMaps事務局

1979年江別市生まれ。大学卒業後、北海道のスーパー、東京のレコード会社の勤務を経て2009年「札幌の今を伝える」をミッションに「Sapporo6h」を立ち上げ、まちの情報をリアルタイムに紹介するSNSやインターネット生中継で人気を博す。2014年クリプトン・フューチャー・メディア入社。2016年に発足した北海道の案件を担うローカルチームのマネージャーとして、北海道を応援するローカルプロジェクト「Domingo(ドミンゴ)」の運営や、クリエイティブな発想や技術が集まるフェスティバル「NoMaps(ノーマップス)」事務局としての企画・運営など幅広く手掛ける。
山岸 奈津子
NoMaps広報担当
札幌出身。大学卒業後、トマムのリゾート会社に入社。「星野リゾート・トマム」では企画・広報担当として「雲海テラス」や北海道大学との産学連携、ママ向けサービス「ままらくだ委員会」等を企画。2013年に独立し、札幌・北海道では数少ないフリーランスの広報PRパーソンとして企業・団体の広報PRに携わる。2019年からNoMaps広報担当として参画。
「創造都市さっぽろ」の基幹プロジェクトである「札幌国際芸術祭」と「NoMaps」両方に関わり、クリエイティブ、テクノロジー、アートの面白さを全身で体感しつつ、どう世の中に広めていけるかを日々苦悩中。
関連

Conference

カンファレンス