連携事業

Keio SFC-TOMODACHI Entrepreneurship Seminar

「TOMODACHIセミナー」プレセミナー in 札幌

次世代リーダー育成プログラム

Share :

このイベントは終了しました。
日時
2019年6月30日(日)
12:30〜16:50(開場12:15〜)
会場
インタークロス・クリエイティブ・センター クロスガーデン
「Keio SFC-TOMODACHI Entrepreneurship Seminar(TOMODACHIセミナー)」は、ボーイング社の協賛のもと、過去8回の開催で2,000名を超える学生が参加している「次世代リーダー育成プログラム」です。全国各地の学生チームを一堂に集結させ、アントレプレナーシップ及びリーダーシップ醸成と、事業アイデアブラッシュアップを目的とした、3泊4日の合宿型セミナーを開催しています。

このプレセミナーin札幌は、「TOMODACHIセミナー」に参加するための事前学習を兼ねて開催します。
また、セミナー参加に関わらず、クリエイティブなアイデアを軸にビジネスプランを構築するための入門講座としても利用が可能です。
学生向けビジネスプランコンテストへの参加や、将来的に起業を検討されている方が最初に身につけるべき知識や考え方を学ぶのに適した内容となっています。自分たちのアイデアやプロジェクトを前進させるきっかけを掴み、第一歩を踏み出すためのセミナーです。

参加対象

・高校生
・高専生
・大学生
・大学院生
・「本当にやりたい自分の夢を見つけたい!」「目標を達成するための方法について理解したい!」
「自分を成長させるためのサポートが欲しい!」と思っている人
・仲間と共に「成長」したい学生

開催概要

日 程 2019年6月30日(日) 12:30-16:50
会 場 インタークロス・クリエイティブ・センター  クロスガーデン
(札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1)Google Map
参加費 無料
申込方法 フォームより申込            

【主催】公益財団法人 米日カウンシルージャパン 
    TOMODACHIイニシアチブ
     一般財団法人SFCフォーラム
【共催】No Maps実行委員会
【協賛】ボーイング社

プログラム・開催内容

セッション内容

①:『アントレプレナーシップはなぜ必要か』
「起業家精神」とは、もちろん起業家にとって必須な考え方ですが、他の人にとって不要ということはありません。社会課題を自らの手で解決し、顧客に支持される価値を提供し、かつ持続的な仕掛け作りを行うために必要なマインドセットであり、むしろすべての人々(大学生、サラリーマン、公務員、研究者等)に必要な考え方です。一方、その真髄は漠然としていてなかなかつかみきれません。このレクチャーでは、この「起業家精神」についてわかりやすく解説し、一人一人が自分ごととして理解を深めることを目標とします。
②:『アイディア創出ワークショップ』
「起業家精神」とは、起業家にとって必須な考え方ですが、他の人にとって不要ということはありません。社会課題を自らの手で解決し、顧客に支持される価値を提供し、かつ持続的な仕掛け作りを行うために必要なマインドセットであり、むしろすべての人々(大学生、サラリーマン、公務員、研究者等)に必要な考え方です。一方、その真髄は漠然としていてなかなかつかみきれません。このレクチャーでは、この「起業家精神」についてわかりやすく解説し、一人一人が自分ごととして理解を深めることを目標とします。
③:『骨太のプランを作成する第一歩』
誰もが納得し、応援したくなり、期待されるようなプランには何が書かれているのか。プロが一目見ただけで素晴らしいと判断するプランは、そうでないプランと何が違うのか。この講義では、ビジネスプランに記載されるべきエッセンスとロジカルな表現について解説します。

タイムライン

12時15分〜      開場
12時30分〜12時45分 開会式
12時45分〜13時45分 セッション①「アントレプレナーシップはなぜ必要か」
13時45分〜14時00分 休憩
14時00分〜15時30分 セッション②「アイディア創出ワークショップ」
15時30分〜15時40分 休憩
15時40分〜16時30分 セッション③「骨太のプランを作成する第一歩」
16時30分〜16時50分 閉会式

講師・メンター

廣川 克也 (SFCフォーラムファンド ファンドマネージャー) 
三井住友銀行、北海道大学を経て、慶應義塾大学にて起業支援、起業教育に従事。多くの学生起業家をサポートし、2009年にはI2P global competitionにて慶應チームを世界一に導く。2017年7月、大学発スタートアップに投資するベンチャーキャピタルを設立。

お問い合わせ

関連

Conference

カンファレンス