北海道高等学校軽音楽連盟 

第4回 全道高等学校軽音楽 新人大会

~NoMaps, High School Music Grand Prix~

Share :

このイベントは終了しました。
日時
2020年12月27日13:00〜
動画公開 3月27日まで
会場
オンライン
全道の軽音部に所属する1、2年生の学生たちが参加する「第4回 全道高等学校軽音楽新人大会」を開催。
今年は新型コロナウイルスの影響により、ライブ形式の大会ではなく、テレビ番組形式で映像配信による大会となりました。
地区大会をくぐり抜けたオリジナル部門、コピー部門、各10組の演奏を最後までお楽しみください!

開催概要

日 程 2020年12月27日(日)
時 間 13:00から配信を開始します!
場 所 NoMaps YouTubeチャンネル
料 金 無料

主 催    北海道高等学校軽音楽連盟
共 催    北海道高等学校文化連盟軽音楽専門部、No Maps 実行委員会
後 援    札幌市
主 管    北海道高等学校軽音楽連盟
協力校    北海道高等学校軽音楽連盟各地区(石狩、道南、後志、空知、室蘭・苫小牧、釧根、道北)

第4回 全道高等学校軽音楽 新人大会 (出場校・バンド名)

コピー部門

Glass Palette

札幌東商業高等学校 軽音楽部
今年の10月にメンバーチェンジを経て、再結成した3ピースバンド「Glass Palette」です。
透明なパレットに混ざり合う色のように、一人ひとりの個性が混ざり調和するようなバンドを目指しています。

おるかぽっと  

北海道札幌平岡高等学校 軽音楽部
「おるかぽっと」の意味であるシャチの群れのように、皆が1つの音楽を作り、より良いものを目指して日々努力しています。私たちは、お互いに意見を正直に言い合って、バンドメンバーに対しても真剣に向き合っています。なので、とても仲が良いです。メンバー全員が個性豊かでギャップがあるバンドです!ぜひ注目してください。

Structure

市立札幌平岸高等学校 軽音楽部
ギターの大関はよく二弦を切ります。ベースの佐藤は音楽に取り憑かれています。ドラムの古屋は空気が読めません。サポートキーボードの岩本は人生を舐めています。ボーカルの久万田は古文の授業で習った助動詞の"打消(うちけし)"を"だしょう"と読む強者です。そんな彼から出る歌声と個性的な楽器隊から出る音はきっと忘れられない思い出になるでしょう。

甘くて苦いコーヒー

小樽水産高校 軽音楽部
女子3人で結成した3ピースバンドです。バンド名の「甘くて苦いコーヒー」は、甘いように簡単な時も、苦いような思いをした時も、何があっても頑張っていくという思いが込められています。時にはケンカをして口をきかない日もありますが、上を目指す心は3人とも同じです。聴いてくれた人の心をつかめるような演奏のできるバンドになれるよう、日々練習を頑張っています。

Clover 

美唄尚栄高校 軽音楽部
私たちは、2年次生バンドの「Clover」です。バンド内の息がピッタリな所や音のメリハリが見どころなので、楽しみにしていてください!

ねるのつぶやき

おといねっぷ美術工芸高等学校
ねるのつぶやきは、1年生2名、2年生2名の個性豊かなメンバーで構成されたバンドです。みなさんは冒険をしたことがありますか?何度倒れ、満身創痍になろうと、仲間とともに目の前の強大な敵に挑んでいく。「ふっかつのじゅもん」はそういった曲です。何度か練習を重ねる中でうまくいかない部分もありました。ですが、くじけず仲間と挑戦し、全道大会出場を勝ち取りました。その実力を発揮します。

快凛

美深高校 軽音楽部 
憧れの全道の舞台、先輩方や先生の支えがあってようやくここまで来ることができました。個性的な仲間たちで奏でる音楽を皆さんに届けられるように、粘り強く頑張るぞい!(餅みたいに)
~全道大会なんて風情があるよなぁ~

Chameleon

釧路湖陵高等学校 音楽研究部 
chameleonは変幻自在の5人組バンドです。トリッキーな演奏と動きでカラフルなライトアップにいつも擬態しています。今回はとても難しい曲に挑戦しました。特にキーボードの華麗な演奏には注目です!是非聴いてください!

Tweedia

伊達高等学校 軽音楽部
伊達高校として参加する最後の大会になります。先輩達が築き上げた実績に負けないよう、精一杯演奏します。

岩倉アキラ 

鵡川高等学校 軽音楽部
おとぎばななのギタリスト、岩倉アキラソロプロジェクト第1段。

オリジナル部門

Glasses

札幌英藍高等学校 ギター部
全員メガネのアコースティックバンド Glasses(グラッシーズ)です。アコースティックサウンドを最大限に生かした演奏を目指しています。

おはなん

市立札幌新川高等学校 軽音楽部
こんにちは!新川高校2年、おはなんです。感性が似ている私たちが初めてオリジナル曲に挑戦しました。不慣れですが頑張ります。温かい目で見守ってくださると幸いです。

カタツキ

市立札幌新川高等学校 軽音楽部
はじめまして。音楽をこよなく愛するカタツキです。
歌とアコギ一本で活動しています。よければ、聴いていってください。

LAUSBUB

市立札幌新川高等学校 軽音楽部 
こんにちは。ニューウェーブ・テクノバンドのLAUSBUB(ラウスバブ)です。私たちはコロナ禍においても、それぞれの家で遠隔レコーディングを行うなど、精力的に活動してきました。現在は宅録音源のリリースを中心に活動しており、アナログシンセサイザーやサンプリングを多用したオリジナル曲を作成しています。バンドが現体制になってから初めての演奏です。応援よろしくお願いします。
 

𩸽ぐんだん。

市立札幌平岸高等学校 軽音楽部

私たちが今回のオリジナル曲を制作するにあたって重視したことは「まとまり」です。私たちにとって初めての作曲だったので統一感を出しながら、それぞれの楽器や構成で色味を出せるよう努力しました。そしてこの曲では、私たちが大人になった時、今抱えている焦燥感や失敗、軽音部としてステージに立つこの気持ちなどを忘れないでいたいと思い、何度も高校2年生のこの瞬間に戻れるような曲を目指して作りました。

モスコミュール  

市立札幌平岸高等学校 軽音楽部
カクテルにはそれぞれに意味があります。モスコミュールのカクテル言葉は『喧嘩してもその日のうちに仲直りする』です。どんなことがあってもこのバンドが高校の3年間続くよう願って付けました。この言葉通り、決して上手いわけではないけれどどこよりも仲良く楽しく演奏したいと思っています。

THE RED LIPS

市立札幌平岸高等学校 軽音楽部
伝えきれていない言葉や伝えきれていない感情は、大人になってから思い出すものなのかなと考えながら作詞しました。理想と現実は違ったことが多くて大変なこともあるけれど、それぞれが受け止めながら生活を続けていることの儚さをこの曲で表現しました。

名無し之太郎

函館中部高校 L.M.C 

"名前"とは元々あるものではなく、人間がそれぞれを個別に把握すべき対象として認識した際に与えるものである。我々にバンド名を耳にした時に、多くの人はこの矛盾に気がつくだろう。”個”とは何かー。我々の音楽が何かに考えを巡らせるきっかけになるかもしれない。
さて、舞台は居場所を求める人々で繁盛数ネオン街。第六感が動き始める丑三つ時。きらびやかで欲を叶える世界には、表裏一体の民が存在する。これは”名”のない男のプロローグ。この男の行く末は、未だ誰も知らない。

日本JapaneseJAPAN

函館工業高校 軽音楽部 
日本JapaneseJAPANは男子4人女子1人の5人組バンドです。全身全霊をぶつけるのでよろしくお願いします。

ホモサピエンス

鵡川高等学校 軽音楽部

太古の昔から、進化は続いてます。
それは、現在も。
アウストラロピテクスがホモサピエンスになったように。
進化は継続する。
関連

Event

イベント