Topics

2016/10/05

会場間の移動はベロタクシーやポロクルで!

web画像

No Maps 2016はイベント数のみならず、会場数も相当なもの。
札幌市内中心部で短期間に多くのイベントが行われますので、たくさんのイベントに参加しようとすれば、自然と会場間の移動も増えます。会場によっては地下鉄なども活用できますが、多くの移動は「そこまでの距離ではないなぁ、でも歩くのは遠いし・・・」といった微妙な距離になるはず。
そんなときにご利用いただきたいのが「ベロタクシー」と「ポロクル」。いずれも札幌が誇る市街地をフィールドとしたモビリティです。

■ベロタクシー

ベロタクシー

「ベロタクシー」は、1997年に近距離交通システムとしてドイツの首都ベルリンで開発された自転車タクシーです。公共交通を補完する交通手段としての活躍だけではなく環境問題、高齢化社会問題、地域活性化、雇用問題などの解決策のひとつでもあります。


ベロタクシー札幌の詳細はこちら


そんなベロタクシー、初開催となる
No Maps 2016にご協力をいただき、期間限定ではありますが、No Maps仕様のベロタクシーを運行していただけることになりました!

会期終盤の15日(土)、16日(日)の2日間、台数は少ないですが、No Mapsのロゴが入ったベロタクシーが会場間移動をサポート!
しかもなんと、プラチナパス、ゴールドパスをお持ちの方は会場間移動での利用は無料!!(パスをお持ちでなくても、通常料金で乗車可能です)
土、日に街で止まっているベロタクシーを見つけたら、ぜひご乗車ください。

nomapsvelo

さらに、このNo Maps仕様ベロタクシーにはステキな仕掛けが。
Interactiveのイベントでも活躍予定の「あらゆるモノを楽器に変える」デバイス、MOGEESを車両に搭載し、ベロタクシー自体が楽器になっています!
ベロの車体と指でコツコツと叩くと、あら不思議!パーカッションのような音が鳴る!!!
これ、とっても楽しいですよ~!!
風を感じながら、車両を楽器に音も楽しみつつ、次の会場へ・・・。短いながらも楽しい時間を体験できる、新感覚モビリティ。
そんな「No Mapsなベロタクシー」をぜひご利用ください。

 

■ポロクル

●北1条アーバンネットポート

「ポロクル」は、市内中心部で利用できる、サイクルシェアサービスです。
エコな自転車は”環境にやさしく”、シェアする心は”より良いまちづくりを支える”と考えています。
一般的なレンタサイクルとは違い、借りた場所に返す必要はありません。
札幌の街中に置かれた40ヵ所以上のポートからポートへどこでも自由に自転車の貸出返却が可能です!

会場間の距離を考えると、自転車での移動はNo Maps 2016でも効率がいいはず。
会場そばのポートで借りて、次の会場そばのポートで返す。上手に活用してスマートにNo Maps 2016を楽しんでください!

もちろん自転車の利用においては、守らなければならない点はあります。
No Maps 2016は夜間のイベントも多数ありますが、自転車の飲酒運転は絶対NG
・ポート以外の場所で駐輪する場合は、路上に停車せず、近隣駐輪場に止めてください!

※駐輪場はエリア別のMAPでご確認ください。


ポロクルの詳細はこちら


 
※撤去されたときの引き取り費用は、使った方ご自身の負担となります。
 詳しくはこちらからご確認ください。

 

ふたつのモビリティを正しく楽しく使って、快適な会場間移動を楽しんでください!!

Back