Deep Dialog from NoMaps Conference

二風谷、アイヌ文化のいまとこれから

Share :

このイベントは終了しました。
日時
2021年8月19日(木)
19:00~20:00
会場
オンライン
これからの未来を切り開くウェビナーシリーズDeep Dialog。 リニューアル第二弾のテーマは「二風谷、アイヌ文化のいまとこれから」。

テーマ:二風谷、アイヌ文化のいまとこれから

日本の先住民族のアイヌ民族が育んできた固有の文化、アイヌ文化への関心が日々増しています。それには漫画やアニメで人気となった『ゴールデンカムイ』や、阿寒湖のアイヌコタンを舞台にした映画『アイヌモシ』が国際映画祭で受賞するなどの影響も大きいですが、アイヌ民族が継承してきた文化を現代のものとして伝える努力が数多く行われています。 今回はアイヌ工芸の里としても知られる北海道平取町二風谷地域で活動する作家の関根真紀さん、そしてYouTubeをつかってアイヌ文化の発信を続ける娘の関根摩耶さんを迎え、アイヌ文化のいま、そしてこれからについてお話をうかがいます。

Deep Dialogとは

NoMaps Conferenceチームにより2020年にスタートしたウェビナーシリーズ「Deep Dialog」は、日々私たちを取り巻く環境が大きく変化している中、よりよい未来を共につくっていく為にあらゆるテーマや課題について対話を通じて考えを深め、今後の行動のきっかけにつなげていく為の創造的コミュニケーションの場としてスタートしました。 Deep Dialogは2021年7月から装いも新たにリニューアルして再始動!トークはオンラインで公開され、無料でご覧いただくことが可能です。

開催概要

日時 2021年8月19日(木)19:00〜20:00
開催形式 オンライン(NoMaps YouTubeチャンネル)
参加費 無料
申込方法 事前申し込みは不要です。直接こちらのYouTube Liveリンクからご覧ください。

ゲスト

関根 真紀
北海道平取町二風谷に生まれる。子どもの頃から二風谷にて家業の民芸店を手伝い、札幌にて民芸店に就職後、二風谷に戻り、現在まで木彫・織物・刺繍など、さまざまなアイヌ伝統工芸に加えて、現代の生活にマッチした作品制作にも取り組んでいる。これまで北海道知事賞などの作品コンクールでの受賞のほか、東京・大阪でも個展を開催。数多くの各種委員も務めており、工芸だけでなく、いろいろな機会、媒体を通じて、アイヌ文化に関する情報発信を行っている。二風谷子どもアイヌ語教室の指導のほか、平取町内外の学校等においてもアイヌ文化の普及啓発活動を行っている。 工芸家(二風谷民芸組合)、二風谷工芸館勤務。
関根 摩耶
大学4年生。アイヌ文化が強く受け継がれる北海道沙流郡平取町二風谷生まれ。現在は大学でアイヌ語研究会に所属。 ・アイヌ語弁論大会2度最優秀賞受賞 ・平成30年度STVアイヌ語ラジオ講座の講師 ・2018年4月から日高管内を走る道南バスのアイヌ語アナウンスを担当 ・youtube「しとちゃんねる」や、各種イベント、講演などでアイヌ語、アイヌ文化発信 ・ACジャパン北海道地域CM ・イベント、講演会にて登壇 など

ナビゲーター

服部 亮太
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 ローカルチーム マネージャー / Domingo編集長 / NoMaps実行委員会
メールマガジンメルマガ